スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラージュ切り貼り

2012.08.19 23:05|創作日誌
コラージュ


マスキングテープを友好的に使いたいなぁという気持ちと素敵な包装紙が使わずに手元にあったので、むくむくとコラージュ熱が沸いてきたので、ちょっと手を出してみました。
封筒とか紙袋に貼るのも楽しかったもので。
初めてコラージュをした訳ですが、絵と違ってある物で世界(?)テーマを表現するのが難しい…
貼りすぎるとごちゃごちゃしすぎだし、迷い迷い切り貼り
今度古い外国の切手だとか買ってこようかな?
そして思ったよりもマステを使わない自分にがっかりしました。



ポストカードオンリーイベントに出そうかと思っているのですが、コラージュ作品ってどこまでOKなのかな?と若干不安です。包装紙が素敵なだけでしょ!!!!とか言われそう…
まあ嫌な方は手に取らないだろうし、この辺は自己判断で委ねようと思っています。
もっと素材や配置の仕方を覚えて素敵な物を作りたいなぁ~


その前に展示会の絵ですよね。
コラージュはひとまず満足したので、これから展示会の作業にかかろうと思います!!頑張る!
スポンサーサイト

東山魁夷展

2012.08.19 22:37|創作日誌
20120815154938.jpg



連休中に近代美術館でやっている【東山魁夷展】に行ってきました。
私が中学生の頃に、美術で模写の時間がありまして、私は東山魁夷の「白馬の森」を模写したので、とても思い出深い方です。
資料集に載っていたんですが、その絵にすっかり魅せられて自分で模写した絵を部屋に飾っていたほどでした。
数年経って「オイ!自分!恥ずかしいから止めろ!!!」と外してしまいましたが。
見れば見るほど色が違って見え、木の葉や陰などどんどん現れて描くのが大変だった記憶があります。



展示会ですが、20代から晩年まで大きな作品が順番に立ち並んでいます。
何が凄いというと、日本画の絵の具で、塗ると言うよりも絵の具を盛るように緻密に描いてあるのが凄い。
近くで見ると濃淡が無くぼんやりとした色遣いなのに、遠く離れてみるとコントラストがハッキリしてとても迫力があるのです。
風景画だけれども、一つ一つのモチーフがデザインのよう。色味も独特で、柔らかい中にも力強さがあるのです。
圧巻です。
どれだけ見ていても飽きない。
素晴らしい世界でした。


前期展示で「白馬の森」が飾っていました。
作品リストなど全く見ないで訪れたので、ちゃんと見れて良かったです。
中学生の頃の私は、良くこれを模写しようと思ったな…と恐れ多いと思いながらまじまじと鑑賞。
何だか吸い込まれていきそうでした。


月が出てくる作品は月明かりが美しく、雪のある絵は深々としていて、海は波の飛沫がキラキラとしていました。
本当に本当に素敵な作品ばかり。
出た後の物販でポストカードと840円の大きめな絵を購入してきました。
お金無いのに…


一番凄いと思ったのは、840円の絵を入れる額を5000円ちょっとで並べて売っていたことでしょうか?
びっくりしました。私は魁夷先生には申し訳ないのですが、も少し安いフレームを用意しようと思っています。




9月9日までです!木下サーカスと恐竜展の半券を持っていくと100円引きだそうです。
ちなみに私は現場に着いてから知りました。がっかり

サーカスシリーズ

2012.08.09 23:50|作品収納庫
空中散歩

クジラ

(150×230mm)



空中ブランコ
サーカス

(175×140mm)


キャンバス・アクリルガッシュ
空中散歩はモデリングペーストを使用

木下さんの大サーカス

2012.08.09 23:48|創作日誌
IMGP0517.jpg



何ヶ月も空けてしまって済みませんでした!!!

さて、7月の中旬、土曜日に札幌上陸89年ぶり☆な木下大サーカスに行ってきました。
ニュースで2時間待ちとか言ってたので、熱中症対策をして望みました←
サーカスは本で読んだり自分でもそれっぽい絵を描いたりしていたのですが、実際に本物を見た事が無くて…
本当は夜のサーカスを見てみたかったのですが、13時からの回を狙って行きました
 
 
 
 
しかし凄いですね
1時間ちょっと前に行って、660番台の整理券…
余裕で入場できるのが、700番位なのかな?
ギリギリ?
 
 
 
サーカスはやはり日本の劇団(というのか?)なので、どことなくアンジアンテイスト(音楽とか衣装とか)で親近感が沸きました。
身近な感じ
外国では異国感があって受けるんですかね?
演目の合間合間に登場するピエロのカップルも可愛かった
身振り手振りだけであれだけ会場を沸かせるなんてすごい!



動物のショーもシマウマのお尻が可愛かったり、キリンはエサを食べるだけなのに、象は小さな子供達に帽子をプレゼントしたり記念写真とったり、芸をするのになぁと世の中の理不尽さを感じたりしました。
奇跡のホワイトライオンよりも、普通のライオンの方が賢そうに見えるのは何故ですか?
私の気のせい?
ライオンの時もそうですが、大技の時は
「ええ~~~!!??大丈夫なの!!!」と心配して食い入るように見てしまいますね(^^;)
ピエロに連行されて、空気イスをする羽目になったお父さん方が一番楽しかったです←



なんかこう、非日常的な空気が味わえて楽しかったです(^o^)
イリュージョンも、種も仕掛けもあると分かってはいるけど、本当に分からなくて不思議だし。
まだ見てない方は是非に~
自由席でも結構見えるよ!角度悪いけど!!



moblog_cda9f0ba.jpg



帰りに食べたパスタ☆
モモと洋なしのタルトがうまうまでした
| 2012.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ほうび

Author:ほうび
つきクジラに住む日誌係。
ほうびの創作活動を記録中。
北国の草原を自由に駆ける。午後のティータイムが毎日の楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。